【peacock(ピーコック)】豊中こどもれもねいどで有名な地域に根差した喫茶店★豊中市服部元町

スポンサードリンク



こんにちは、豊中市内の子連れでランチできるお店を開拓中のmakoです。

今日は服部駅すぐのところにある、喫茶店「peacock(ピーコック)」に1歳半の娘と来ました。

1964年の創業以来地域で愛され続けてきた、昭和の懐かしさを残す喫茶店です。

「豊中こどもれもねいど」の活動を通して、名前は聞いたことある!という方も多いのではないでしょうか。

 

 peacock(ピーコック)店内の様子

(撮影の許可をいただきました)

11時半頃なのに、店内はほぼ満席!

たまたま空いてた一番奥の席に座りました。

子連れは私たちだけで、お客さんは年配の方が多目でした。

みんなわが家のようにくつろいだ様子で、常連さんっぽい雰囲気がひしひし伝わってきました。

ゆったりした店内にはベビーカーでも入れそうですが、喫煙可なので小さい子連れのお客さんは少ないのかな。

座席は2名テーブルと4名テーブルが38席。ソファや子供イスはありません。

娘には立ちスタイルで対応していただきました。

どちらかといえば中腰か(^^;

peacock(ピーコック)のメニュー

食事メニューには

  • カレー
  • ハヤシライス
  • スパゲッティ

がメインで、種類も豊富です。

お値段も600円~とかなりリーズナブルですね。

他にも色々。

あ、これおいしそう!

「野菜とあさりの塩レモンピラフ」やって。

レモンのピラフって珍しいな~これにしよ(*‘∀‘)

ケーキセットのケーキは、桃山台駅近くにある「La Fete」のケーキをいただけるみたい!

ここのケーキおいしいんですよね~(*´▽`*)

豊中産レモンで作ったレモネードもいただけるみたい!

地域の活動では、子供たちが屋台販売するんやって。いい体験になりますね。

 

peacock(ピーコック)のレモンピラフ

注文して10分くらいすると・・・

来ました~

お皿が前に来た瞬間にフワ~っと爽やかなレモンの香りが広がります(*´ω`*)

しっかり量があって、娘とシェアしてちょうど良さそう◎

付け合わせもセットで、

大好きな粉チーズをのせて、いただきます!

おいし~(*´▽`*)

ピラフ自体優しい味付けなのに、レモンの酸味がききすぎてなくて、すごくあっさりしてます。

で、ごはんがパラパラなのに、めっちゃふんわりしてるんです!

あ~やっぱり!お米にこだわってますね。

「カレーなどの味の濃い料理にも負けないお米です」

やって。ほんまそれ!

娘もおいしそうに食べてました。

 

ごちそうさまでした!

くじゃく町について

喫茶店とは違うんですが、HPを見て「おもしろい!」と思ったので、紹介させてください。

peacockのオーナーさんは、喫茶店や豊中レモネイド以外にも地域に根差した活動を幅広く展開されています。

ブログを読んでて、「くじゃく町(くじゃくちょう)」の話。っていうのがすっごくおもしろいな~って思いました。

 

最近「お金2.0」という本が話題になりましたね。

私もつい先日読んだばかりで、とても興味深いものでした。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 [ 佐藤航陽 ]

価格:1,620円
(2018/3/16 00:10時点)

ざっくり言うと、

「現在のお金が価値の基準である資本主義以外にも、これからの将来は色んな価値基準が生まれる。

その中には「共感」や「感謝」といったこれまで、目に見えないもの、数字で測れないものもお金に変わる経済圏を生み出していく」

っていう内容です。

これを最初に読んだときに、「なんかすごいことが起こるんだな~」と思う反面全然実感わかなかったんですよね。

「遠い東京の方とかで、知らない内に、誰かが何かやってるんだろうな~」と。

そしたら、こんなに身近にいたんです!

オーナーさんが今計画中の「くじゃく町」では、まさしくこの「お金2.0」で解説している世界観を町のコミュニティで再現できるんじゃないかと模索中なのです。

「ありがとう」と「どういたしまして」を貸し借りできるようにして、お金を通さずに「貢献を交換」できるようにしたらおもしろいんじゃないの?

というアイデアのようです。

これから広がりを見せていく評価経済の実例が、こんなに身近で起ころうとしているなんて、胸アツです(*‘ω‘ *)

まだまだ構想段階のようですが、これからどんな形になっていくのかとっても楽しみ。

ブログでオーナーさんの想いが綴られています。熱量のこもった記事ですよ◎

「くじゃく町(くじゃくちょう)」の話。

 

peacock(ピーコック)

住所:豊中市服部元町1-1-6

電話:06-6864-0317

営業時間:7:00-20:00

定休日:日曜日

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です